顔の輪郭を変えられるエラ削りを美容外科で受けるメリットを紹介

サイトマップ

顔の輪郭を変えられるエラ削りを美容外科で受けるメリットを紹介

就職活動中の女子大生に人気のあるエラ削りの施術

人差し指を立てる

就職活動では外見も非常に大きな要素になるので、女子大生の多くが美容整形に強い興味を示しています。特に顔が大きいと考えている人たちは、美容外科でエラ削りの施術を受けることを強く希望しています。しかし小顔にするための施術を受けるときには、費用について調べたり、クリニック探しで時間がかかるのも事実です。けれども美容整形の情報サイトを活用すると、エラ削りの実績が豊富で費用もリーズナブルなクリニックを見つけることができます。また就職活動に向けてエラ削りの施術を受ける場合には、早めに情報収集などの準備を進めるのが理想的です。また一人一人が施術内容を十分に理解する必要があるので、カウンセリングが丁寧なクリニックを選ぶ必要があります。口コミサイトを訪問すると、女子大生が利用しやすい地域で評判のクリニックを見つけることが可能です。また実際に施術を受ける前にコンピュータ画像を使ってシミュレーションをすると、一人一人に合ったプランを見つけることができます。エラ骨を削って卵型の均整の取れた形にするのが、就職活動中の女子大生に人気のプランです。ドクターの指名が可能なクリニックを活用すると、理想の小顔を実現することができます。

エラ削りで無理なく理想の小顔を手に入れよう

女性だけでなく、今では男性もが憧れる小顔。美容意識が高まる今日、理想の小顔を求めて骨格矯正を行う人や、美容機器を購入してケアに励む人が増えています。小顔メイクなどの特集も数多く見られますが、やはり確実に小顔を手に入れることができるのは、美容外科でのエラ削りではないでしょうか。小顔を手に入れるために自力で努力をしても、小顔になるには限界があります。例えば、ホームベース型の四角い顔や張り出して目立つエラは、骨格を矯正したからと言っても根本的には何も変わっていません。エラ削りを行うことによって、半永久的な理想の小顔を手に入れることができるのです。しかしながら、リスクや副作用を考えると、なかなか踏み出す勇気が持てないのではないかもしれません。しかしそこはご安心ください。エラ削りは経験豊富な専門医がカウンセリングを重ね、術後のフェイスラインを計算しながら、理想通りの小顔の実現へと導いてくれます。また、口の中を切開してエラを削るため、顔に傷が残ることはありません。術後しばらくは腫れなどの症状がありますが、徐々に改善していきますし、定期的なアフターフォローがあるので安心です。理想の小顔を手に入れるために、一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

エラ削りのメリットとデメリットについて

美容外科で行われる顔面骨形成手術の1つに、エラ削りというのがあります。エラ削りとは、下顎骨のエラの部分である下顎角部を削り、フェイスラインを整える手術のことをいいます。今回はそんなエラ削りのメリットとデメリットについて、ご説明します。まずエラ削りのメリットは3点あります。1点目は、小顔効果が期待できることです。先ほどご説明した通りエラ削りとは、下顎角部そのものを削るため、理想的なタマゴ型の小顔に近づくことが可能になります。2点目は、全体的に優しい印象を与えることができます。フェイスラインが丸みを帯びていると、相手に優しい印象を与えることができるからです。3点目は、切開した傷痕が相手には見えないことです。エラ削りの手術は、口の中から切開を行うため、たとえ口を開けたとしても、見えるところには傷跡が残りません。次にデメリットについてです。エラ削りのデメリットは副作用があることです。口の中から切開し、骨を削るため、術後に腫れや痛みが生じる場合があります。それにより口が開けにくく、食事や会話に多少不便を感じるケースがあります。個人差はありますが、大体2週間程度腫れや痛みが生じると考えられます。メリットとデメリットを正しく理解し、エラ削りの検討をしてみてはいかがでしょうか。

TOPへ