顔の輪郭を変えられるエラ削りを美容外科で受けるメリットを紹介

サイトマップ

顔の輪郭を変えられるエラ削りを美容外科で受けるメリットを紹介

エラ削りとは一体どういうものなのか理解を深めよう

カウンセリングを受ける

いつの時代の女性も小顔に憧れたり、女性らしいフェイスラインを手に入れたいと考えている人が多いのではないでしょうか。そんな時有効な手段として、美容外科で行うエラ削りが挙げられます。では、エラ削りとは一体どのようなものなのでしょうか。詳しくご紹介していきます。まず、エラとは下顎骨の下顎角部のことを指しており、ここが張り出していると四角い顔になり、ゴツゴツとした印象を与えてしまいます。そのため、その部分を削っていくことをエラ削りといいます。手術は、口の中を切開し、専用の特殊な器具でエラの骨を削っていく方法になります。口の中を切開するため、顔に傷を残すことなく、手術することが可能になっています。術後は、切開部分に赤みが出来たり、腫れが発生したり、内出血をするケースがあります。また、手術部位と周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。しかし、ほとんどの場合、時間が経つにつれ元に戻っていきますので、そんなに心配することはないでしょう。手術自体も大体2時間ほどで、特に問題がなければその日のうちに帰宅が可能です。現在、顔の大きさや形についてお悩みの方は、まずは美容外科へご相談されてみてはいかがでしょうか。

TOPへ